○創立   昭和37年

○最高成績 春:第56回 春季関東高校野球大会 埼玉大会ベスト4

      夏:第85回 全国高等学校野球選手権大会 埼玉大会ベスト16

      秋:只今調査中です。

甲子園・全国制覇を目指し、日々の練習を行っています。野球も勉強も平等に一生懸命やろうと「文武平等」のもと、学校生活や授業・勉強も大切にし、大学現役合格者、大手企業への就職などの実績も残しています。


○練習 

 
シーズン(3月〜11月)
 全員が同じ量の練習を行います。平日は試合形式の練習を中心に、土日祝日は県内外の学校と練習試合を行います。全員の試合出場の機会を増やす為にAチーム、Bチームに分け試合を行います。全員が平等に試合を経験出来る為、お互いが切磋琢磨しながら、熾烈なレギュラー争いを繰り広げています。

 
アウトオブシーズン(12月〜2月)
 基本練習や走り込みを中心とした練習を行います。トレーニング室を使ってのウエイトトレーニングも欠かせない練習の一つです。体力・筋力アップを図り、シーズンに向けて怪我の少ない体を作り上げます。

○トレーナー

 週に2回、専属のトレーナーにウエイトトレーニングの指導を受けています。その他に、身体のケアに関する事についても指導を受けています。

○栄養学

 選手・保護者を対象とした栄養学セミナーを行い(年2,3回)、食事について学びます。事前に個々の3日分の食事を用紙に記入し、個々に栄養分析をしていただきます。栄養のバランス、野球に必要な足りているかなど細かく分析していただきます。講義の内容は、栄養分析をしてもらった結果をもとにトレーニング期の食事、試合当日の食事、疲労を残さない食事など時期に応じた内容について講演をしていただいてます。練習後、何分以内にどのような栄養を摂るとよいか、試合中にバテないようにするには、普段からどのような食事を摂ればよいのかなどを学びます。さらに、管理栄養士に月に一回来て頂き、全員個人面談ををして、体重の管理、栄養面の相談を受けていただいてます。このような活動をすることにより、選手だけでなく家庭での栄養への関心が深まり、心身ともに大きくなり、怪我人が減りました。

○合宿

 6月、8月に校内合宿
 3月に関西遠征(選抜高校野球の見学、関西地区の強豪校との練習試合)
 年に3回行い、チームの和を深めるとともに集団生活なども学びます。
 3月の関西遠征に関しては冬休み機関に郵便局でアルバイトを行い、社会勉強とともに遠征費用を集めます。